JA高知県のマスコットキャラクター
「コチット」

JA高知県の広報宣伝部長で、種の妖精。モチーフは「種」と「ウサギ」。
JA高知県のロゴマークと同様、3色のドットが示す「水」・「太陽」・「愛情」から作られており、高知のあぐり(農業)の神様に仕え、県内各地の農業と暮らしが豊かになる「幸せの種」として駆け巡ります。
「コチット」はウサギのように駆け巡る高知(コウチ)のラビットから名付けられました。

  • [誕生日]1月1日
  • [性格]とっても元気で、野山を走り回るのが大好き!好奇心旺盛で、誰とでも仲良くなれるのが自慢だよ!
  • [モチーフ]種・ウサギ
  • [お仕事]JA高知県の広報宣伝部長

コチットがオススメする、高知県の「旬」の味を「産地直送」する通販サイトです。

コチットはJA高知県の顔として2019年1月に誕生しました。以降、高知県の農産物をPRするため県内外問わず色んな所を元気に走り回っています。

JAとは

JA(ジェイエー)という名前は、「Japan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合)」の頭文字をとってつけられたニックネームです。
JAとは、相互扶助の精神のもとに農家の営農と生活を守り高め、よりよい社会を築くことを目的に組織された協同組合です。この目的のために、JAは営農や生活の指導をするほか、生産資材・生活資材の共同購入や農畜産物の共同販売、貯金の受け入れ、農業生産資金や生活資金の貸し付け、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、あるいは万一の場合に備える共済等の事業や活動を行っています。

JA高知県とは

JA高知県は、県内12JA(JA土佐あき・JA土佐香美・JA土佐れいほく・JA南国市・JA長岡・JA十市・JA高知春野・JAとさし・JAコスモス・JA津野山・JA四万十・JA高知はた)と連合会機能が統合し、2019年1月1日に誕生しました。

[JA高知県ロゴマーク]県内12JAと各連合会がひとつとなり、組合員、地域と共にJA高知県管内の農畜産物のみならず様々なものや価値観を創造していくことを一筆書きで表現しています。

高知県は、温暖で冬期の日照時間が長い恵まれた気候と海岸から四国山地までの変化に富んだ自然が特徴です。この温暖で多日照の気候を活かしたハウス栽培を中心に園芸農業(野菜・果樹・花き)が発展しており、全国屈指の園芸産地となっています。山間部では、夏期の冷涼さを活かした園芸作物や、肉用牛の生産などが行われ、平場から山間部まで、地域特性を活かした多様な農業が展開されています。

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る